« お玉柳~豊科・重柳 | トップページ | 信州の鏝絵に見る左官職人の技-9    小川天香の描いた十六羅漢 »

信州の瓦鍾馗を探して-24  佐久市岩村田の鬼首を持った坐り鍾馗

佐久市はかつて岩村田藩1万6千石の城下町でした。ここに中山道の宿場がありました。岩村田宿、塩名田宿などです。

中山道69次のうち、江戸から数えて22、23番目の宿場でしたが、旅籠はいずれも10軒以下の小さな宿場だったようです。一説によると旅人たちは城下町の堅苦しさを好まず、敬遠したため大きく発展しなかったということです。

この岩村田宿に3体の瓦鍾馗があります。

そのうちの一つ、小屋根に載っている鍾馗さん。

     Img_3752

この鍾馗さん、坐っています。瓦鍾馗を研究している小沢正樹さんによると鍾馗座像は「あまり多くはない」と言います。

さらに、この鍾馗さんの左手に注目すると…。

     Img_3757

手にしているのは、討ち取った鬼の首です。この鍾馗さん、鬼との格闘で疲れ、腰かけてひと休みしているのでしょうか?

やはり小沢さんの調べでは、鬼の首を手にした鍾馗さんは、全国的に見てもあまり多くはなく鬼の首を携えている鍾馗さんは、長野県に多く見られるということです。

そういえば、わたしもこれまでに鬼首を手にした鍾馗さんは、5体、鬼を懲らしめている鍾馗さんは9体を目にしています。いずれも長野県内です。

そうなると、上の鬼の首を手にして坐っている姿の鍾馗さんは、全国的にも類例がない鍾馗さんになるかもしれません。

     097

上も下も、すぐ近くにあった鍾馗さんです。比べると、すぐに分かるかと思いますが非常によく似ています。顔全体、衣のたなびき具合などが酷似しています。背面に板瓦があるかどうかの違いといってもいいかもしれません。

同一作者か、その弟子が作ったものか、はたまた別の人が真似て作ったものかは分かりませんが、よく似ているものが両隣りに掲げられています。

     101

こちらの家人の話では、かつて「隣りにも立派な鍾馗さんが上げられていた」ということです。

今は更地になっていて建物は見られません。その鍾馗さん、今はどうしているのでしょうか? 健在で屋根に上がっているのでしょうか?


|

« お玉柳~豊科・重柳 | トップページ | 信州の鏝絵に見る左官職人の技-9    小川天香の描いた十六羅漢 »

道草しながら…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/42760688

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の瓦鍾馗を探して-24  佐久市岩村田の鬼首を持った坐り鍾馗:

« お玉柳~豊科・重柳 | トップページ | 信州の鏝絵に見る左官職人の技-9    小川天香の描いた十六羅漢 »