« 赤沢休養林で、ゆっくり安らいでみませんか。 | トップページ | 安曇野で野性スズムシの美しい音色を楽しめます »

信州の瓦鍾馗をさがして-22   旧中山道茂田井宿   鍾馗、琴高仙人

中山道の間宿(あいのしゅく)だった茂田井宿(佐久市)。間宿とは、江戸幕府が正式に認可していなかった“旅籠”で、認可されていた宿場間にありました。

宿場間の距離が離れている場合、旅人は難儀しますがこうした便宜のため自然発生的に興ったといいます。茂田井宿は、芦田宿(佐久市)と望月宿(佐久市)の間にできた休憩所になります。

     Img_3847

幕末に水戸天狗党が挙兵し、尊皇攘夷の志を朝廷に奏上するため中山道を上り上洛する時、この宿に400人余りが宿泊したそうですし、幕府14代将軍家茂に嫁ぐことになった和宮もここを通ったという歴史があります。

ここに3体の瓦鍾馗があります。いずれも鍾馗ガールことnaoさんが見つけたたものです。

     Img_3835

naoさんは個々の鍾馗さんの特徴をつかみ、それらにふさわしいネーミングすることを得意とします。上の鍾馗さんは「眉毛がふさふさのおじいさん鍾馗さん」としましたし…

     Img_3843

こちらは「彫りの深い目がくりくり鍾馗さん」と名付けました。

下については「動物のような可愛らしい鍾馗さん」と呼びましたが、確かによく特徴をつかんでいますね。そして、女性らしくやさしい名付け方だと感心します。

     Img_3851

ところで、この鍾馗さんの後部に白く囲んだものが見えますが、これは「影盛」といいます。

箱棟が大きくなると軒を飾る鬼瓦も大きくしなければならず、屋根に重量が掛かってしまいます。このため木の骨組みを作り、漆喰を塗り込めて重量を軽減します。

こうして鬼瓦のボリュウム感と全体のバランスを取ります。漆喰を使い鏝(こて)による細工になりますので、左官職人さんが影盛を作ります。

     110

鯉に乗っている人物と言えば、やはり琴高仙人でしょう。顔があまりにも若作りですが鯉の背に乗る人物は琴高仙人しかいませんので、これを制作した鬼師は若作りすることによって何かの意味を持たせたのでしょうか。

     Img_3848

一部が破損していますが、鶴の鬼瓦です。

     Img_3846

こんなかわいい竹林に遊ぶ雀の軒丸瓦もありました。

|

« 赤沢休養林で、ゆっくり安らいでみませんか。 | トップページ | 安曇野で野性スズムシの美しい音色を楽しめます »

道草しながら…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/42350083

この記事へのトラックバック一覧です: 信州の瓦鍾馗をさがして-22   旧中山道茂田井宿   鍾馗、琴高仙人:

« 赤沢休養林で、ゆっくり安らいでみませんか。 | トップページ | 安曇野で野性スズムシの美しい音色を楽しめます »