« 信州の鏝絵に見る左官職人の技-6   戦時廃業に追い込まれた造り酒屋に残る猩々 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-21    まだあった松本の鍾馗さん »

メディカルハーブ-22   シベリアンジンセング

エリュセロの名前でも呼ばれるシベリアンジンセングですが、いま注目を浴びているハーブの一つといえます。根に含まれているエクセロサイドという成分が、心身両面のストレスを和らげるとともにストレスへの耐性を強くするからです。

旧ソビエト(ロシア)では、オリンピックや世界大会に出場するアスリートや宇宙飛行士のストレスを和らげるために飲用させていたという話が残ります。

     Img_5308

シベリアンジンセングは、中国、シベリアを原産地とする落葉低木ですが、少なくとも29種の天然化学化合物を含有することが分かっています。

すぐれた強壮効果や脳を活性化させ集中力や記憶力を向上させるのに有効なことが分かっています。

ロシアでは、チェルノブィリ原発事故の後、放射線病の治療に用いられてもいます。

このシベリアンジンセングだけのお茶にした場合、無味無臭ですので他のハーブとブレンドして飲用します。

◆ 和名     シベリアニンジン

◆ 学名     Eleutherococus senticosus  

◆ 主要成分  エクセロサイド 

◆ 作用     ストレス緩和作用、ストレス耐性作用、強壮作用、鎮静作用、抗炎症作用、脳の代謝活性作用

 

 

|

« 信州の鏝絵に見る左官職人の技-6   戦時廃業に追い込まれた造り酒屋に残る猩々 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-21    まだあった松本の鍾馗さん »

ハーブとハーブティーの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/44351285

この記事へのトラックバック一覧です: メディカルハーブ-22   シベリアンジンセング:

« 信州の鏝絵に見る左官職人の技-6   戦時廃業に追い込まれた造り酒屋に残る猩々 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-21    まだあった松本の鍾馗さん »