« 信州の瓦鍾馗を探して-9  似ていて非なる鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) »

旅立ちの時を迎えています

3月は別れの月ですが、安曇野でもいまコハクチョウが旅立ちの時を迎えています。

今シーズン、コハクチョウの安曇野への飛来を確認したのが昨年10月10日でした。そして、最初の北帰行が始まったのが先月22日、4カ月ほどの期間、安曇野で過ごしたことになります。 

     Img_0274

家族なのでしょうか? 数羽の編隊を組んで飛翔する姿が見られます。

行く先は安曇野から遠く4000キロ離れたシベリアの地。途中、羽休めしながら故郷へ帰って行きます。

     Img_0276

中には安曇野で婚活に成功したのでしょうか、カップルで飛んでいくのも見られます。

今シーズンは1月の日本海側の豪雪が連日報じられていたころ、食餌を求めて安曇野への飛来が急速に増えました。

安曇野に初めて白鳥がへ訪れてから28シーズン目となった今年は、1,338羽の飛来が確認されました。昨シーズンに次いで過去3番目に多い飛来数となりました。

     Img_0349_2

北帰行はこれからピークを迎え、旅立つ姿は4月いっぱい続きます。

|

« 信州の瓦鍾馗を探して-9  似ていて非なる鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/43802194

この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ちの時を迎えています:

« 信州の瓦鍾馗を探して-9  似ていて非なる鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) »