« 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) | トップページ | 顔の欠けた道祖神~堀金・岩原 »

春の足音を運んできた名残り雪

先日、安曇野は行きつ戻りつの春まだら模様とお伝えしましたが、5日もハーブスクエア周辺は15cmほど雪が積もりました。

この日は、冬ごもりしていた地中の虫が春を感じて穴から出てくるという啓蟄(けいちつ)だったのですが…。写真は同じ日の午後の風景です。終日霧がたちこめ、陽ざしが射しこまない一日でした。

     023

この時期に降る雪は、湿り気をたっぷりと含んだ重い雪になります。雪の重さで倒木したり太い枝が折れたりして、架線を切断し停電になったりすることもあります。

     039

ハーブスクエアの駐車場と店舗の間にブッドレアの大木がありますが、やはり雪の重さで太い幹が折れてしまいました。

その枝を取り除いていたら、なんと新芽が顔を出しているではありませんか。

写真は気温も上がり雪もどんどん消えた翌6日の模様ですが、幹の下部分には勢いのあるたくさんの新芽が確認できます。

     027

寒い、寒いと思っていたら、木々たちはしっかりと春の準備をしていたのです。手前にあるのがブッドレアです。

     029

前庭の消えかかった雪の間から、クリスマスローズの若芽も顔をのぞかせています。

     045

春の足音を運んできた名残りの雪と言えそうです。

|

« 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) | トップページ | 顔の欠けた道祖神~堀金・岩原 »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/44387412

この記事へのトラックバック一覧です: 春の足音を運んできた名残り雪:

« 安曇野の鏝絵-10  縁起物~鶴と亀(3) | トップページ | 顔の欠けた道祖神~堀金・岩原 »