« 花粉の飛散量が少なくても、油断はできません | トップページ | 気温が上がり、氷や雪が融けましたが… »

安曇野の鏝絵-8  縁起物~鶴と亀(1)

安曇野周辺でよく見かける鏝絵として、鶴と亀があります。

「鶴は千年、亀は万年」といいますが、縁起のいい長寿シンボルとして飾られているものです。

     021

松本市四賀の山深い集落にあった鶴です。

     023

三郷・温(ゆたか)で見た鶴が飛翔している姿を抽象化した図案です。

     Img_2861

なにか文字に擬しているのでしょうか。

     Img_2860

松本市梓川の蔵にいた亀です。

     Img_2830

ところで、亀は厳しい表情の顔で首と脚が長く描かれていることがあります。

     Img_2831

昭和58(2007)年、キトラ古墳で発見された壁画の中に、そんな姿の亀に蛇がからんでいるものがあることが判明しました。これは「玄武(げんぶ)」と呼ぶ北方を守護する聖獣で、道教の教えから描かれていることが分かりました。

     014

穂高新屋の蔵に描かれている亀も玄武風ですが、蛇の姿も見えませんのでこれを描いた左官職人が玄武を意識したのかどうかは分かりません。     

      016

三郷・北小倉で見かけた亀は、金と銀の混合色で彩られていました。 

             582

ところで、亀の祖先は恐竜が地球に登場した2億2千年万年前まで遡れるということです。中国で発見された体長40㎝ほどの化石から分かったということです。

      608

鶴と亀が一緒に描かれているものもあります。

      Photo_2

堀金・中堀の蔵には鶴、亀に、松とさざ波が加わっています。

      106

筑北村乱橋大門の妻面にも同じ図柄が描かれていました。

      118

真新しい漆喰蔵と鏝絵です。

      120


* 安曇野とその周辺で見ることができる鏝絵を「安曇野の鏝絵」として紹介しています。

|

« 花粉の飛散量が少なくても、油断はできません | トップページ | 気温が上がり、氷や雪が融けましたが… »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/41029482

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の鏝絵-8  縁起物~鶴と亀(1):

« 花粉の飛散量が少なくても、油断はできません | トップページ | 気温が上がり、氷や雪が融けましたが… »