« 日天・月天を飾り付けた安曇野の「三九郎」 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-5  屋根上にあってこその鍾馗さん »

「やす」屋根に守られた道祖神

隣町の池田町相道寺の道を走っていた時、傍らに目についたものがありました。道祖神を覆う屋根です。

以前にも安曇野市明科の山村で見かけたことがあり、藁で作ってあるのは分かったのですが「風変わりな屋根だな」と思っていました。

     183

撮影していると近くに地区内の人がいましたので聞いてみると、正月に玄関に飾る〆縄のミカンを乗せる「やす」を使って作っているのだそうです。

正月に飾ったやすを持ち寄り屋根になるように編み上げ、今年は8日に地域住民の手で新しいものに葺き替え直したということです。

正月飾りのリサイクルといっていいのかもしれませんが、地区の守り神の道祖神を風雨から守るため、200年以上続いている地域の伝統的な行事だともいいます。

5層のやす屋根に守られた双体道祖神は、今年もこの地区の安全を見守ってくれることでしょう。

|

« 日天・月天を飾り付けた安曇野の「三九郎」 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-5  屋根上にあってこその鍾馗さん »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/43707531

この記事へのトラックバック一覧です: 「やす」屋根に守られた道祖神:

« 日天・月天を飾り付けた安曇野の「三九郎」 | トップページ | 信州の瓦鍾馗を探して-5  屋根上にあってこその鍾馗さん »