« あばれ薬師さま~堀金・中堀 | トップページ | メディカルハーブ-23    ローズマリー »

安曇野の鏝絵-6   火伏せの龍(その3)

旧南安曇郡梓川村(現松本市)で見た土蔵の鏝絵は、豪華ではありませんがこの漆喰壁を塗った左官職人が、いろいろと趣向を凝らした跡が見られます。  

     Img_2843

上が蔵の全体像です。

     Img_2849

蔵の中心部の模様です。

           Img_2846

丸プレートの台座に描かれているのは、ボタンの花と龍の図柄、雲龍の姿にボタンを被せています。

     Img_2851

蔵窓の下の小枠の中は、波しぶきです。龍と波は火伏せ、防火の意味で用いられる図案です。

そして、隅にもアカンサスの紋様をさり気なく施し心憎いばかりの配置と言えないでしょうか。

     Img_2850

でき上がったころは、アクセントとして群青の色を使って白漆喰との対比の美しさを際立たせていたことでしょう。

年月を経てもいい味を出して見ごたえを感じます。

* 安曇野とその周辺で見ることができる鏝絵を「安曇野の鏝絵」として紹介しています。

|

« あばれ薬師さま~堀金・中堀 | トップページ | メディカルハーブ-23    ローズマリー »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/41025964

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の鏝絵-6   火伏せの龍(その3):

« あばれ薬師さま~堀金・中堀 | トップページ | メディカルハーブ-23    ローズマリー »