« 信州の瓦鍾馗を探して-3   地元の窯で焼いた座り鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-4   火伏せの龍(その1) »

メディカルハーブ-21  フィバーフュー

高さ30~80㌢㍍で、細いキク状の茎葉をもちます。根元から何本も花茎を立ち上げ、上部でよく枝分かれしカモミールに似た小花を枝先につけます。

名前の由来にはいくつかの説がありますが、fever(熱)を few(少ない)状態にするもの、という説が有力のようです。名前が示すように解熱効果が高く、古代から薬用に用いられてきました。 

           Img_2788

解熱効果もそうですが、フィバーフューは頭痛や耳鳴りに高い効果が知られ、医学界でも認められていています。

例えば、フィバーフューのチンキを作っておき、脳血管の収縮を伴うような片頭痛が始まったとき、30分おきに5~10滴ずつ服用します。

慢性関節リウマチの急性期には、1日3回、最高2㍉㍑まで、他のハーブを加えて用います。

           Photo_2

◆ 和名     ナツシロギク

◆ 学名     Tanacetum parthenium  

◆ 主要成分  セスキテルペン、ラクトン、揮発成分、ピレスリン、タンニン

◆ 作用     抗炎作用、血管緩和作用、消化促進作用、弛緩作用、月経促進、駆風作用

|

« 信州の瓦鍾馗を探して-3   地元の窯で焼いた座り鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-4   火伏せの龍(その1) »

ハーブとハーブティーの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/40941771

この記事へのトラックバック一覧です: メディカルハーブ-21  フィバーフュー:

« 信州の瓦鍾馗を探して-3   地元の窯で焼いた座り鍾馗さん | トップページ | 安曇野の鏝絵-4   火伏せの龍(その1) »