« 安曇野の鏝絵-3  重厚な蔵に描かれた可憐なウサギ | トップページ | 鉱物油原料を使わないココナッツ・リップステック »

雪化粧始めた北アルプスの峰々

北アルプスの連峰は雪化粧をし始めました。安曇野の初冬の風景です。

     Img_4719

いま時分の最低気温は、平年で0度前後。晴れて地表の熱が大気中に奪われる(放射冷却現象)と、標高の高いところは雨から雪に変わります。

22日未明に気温がこの秋(冬?)一番下がり、北アルプスの峰々もうっすらと白いものが見え出しました。安曇野を代表する常念岳も雪化粧を始めました。

有明山も安曇野の象徴的な山岳の一つ。今年9月まで放映された朝の連続テレビドラマ「おひさま」で、すっかりおなじみになった秀峰ですが、他の峰々と違って冬でも真っ白く雪に被われることはありません。

      Img_4713 

しかし、ここのところの冷え込みで白くなった山容が遠目からも望めます。

     Img_4724

北側の遠くに望む後立山連峰は、すでに真っ白に被われています。

シベリアからのコハクチョウやカモ類の飛来も始まっています。

     077

木枯らしが吹く日などは寒さから身を守るためか、長旅の疲れを癒すためか“昼寝”する姿が見られます。

18日までのコハクチョウの飛来数は、74羽となっています。

|

« 安曇野の鏝絵-3  重厚な蔵に描かれた可憐なウサギ | トップページ | 鉱物油原料を使わないココナッツ・リップステック »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/43113026

この記事へのトラックバック一覧です: 雪化粧始めた北アルプスの峰々:

« 安曇野の鏝絵-3  重厚な蔵に描かれた可憐なウサギ | トップページ | 鉱物油原料を使わないココナッツ・リップステック »