« 安曇野に架かる橋(18)~安曇節に唄われた地にある安曇橋 | トップページ | 鉱物油原料を除いた安全なリップクリーム »

ガーデンも晩秋の装い

ガーデン内のスズランノキ、ピンオークの紅(黄)葉に続き、ここに来てダンコウバイが一気に黄金色の輝きを見せ始めました。    

     149

ダンコウバイは、まだ他の草木が花開かない早春にいち早く黄花をつけ楽しませてくれますが、秋もこうしてみごとな葉色を見せてくれます。

今年の色づきは、例年と比べ2週間ほど遅いでしょうか。

 

     134_2

後方のピンオークとみごとなコントラストを描いています。

     139

そのピンオークも、多くの葉が落葉し始めています。

           148

先だってまで真っ赤に染まっていたハンカチノキは、ほとんどの葉を落としてしまいました。

     146

残った小枝の先には、花の後姿が残っています。

     136

早くに裸木となったハンカチノキ。

           137

たくさんの硬くて丸い実をつけています。

     133

モクレンも毎日沢山の葉を落とし、すでに冬芽をつけています。

掲載した写真は昨8日、立冬の日の様子ですが、安曇野もいよいよ晩秋の装いが深まって来ています。

|

« 安曇野に架かる橋(18)~安曇節に唄われた地にある安曇橋 | トップページ | 鉱物油原料を除いた安全なリップクリーム »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/42924778

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンも晩秋の装い:

« 安曇野に架かる橋(18)~安曇節に唄われた地にある安曇橋 | トップページ | 鉱物油原料を除いた安全なリップクリーム »