« 髪と地肌をすこやかに保つローズマリーのヘアケアシリーズ | トップページ | 安曇野に架かる橋(17)~オリンピック道路上の安曇野大橋 »

赤く染まったスズランノキと甘い果肉のアケビ

秋の深まりとともに、安曇野も、ハーブスクエア周辺も紅葉が始まっています。 

    Img_4277

画像右奥に見えるゴールデンアカシアは、すでに黄葉した葉の半分近くを落としたでしょうか。変わってガーデン内のスズランノキが、鮮やかな赤色を見せ始めています。

    Img_4282

スズランノキの紅葉は、葉に照りがあり赤色をいっそう際立たせてくれます。「舞踏会のドレスみたい」と表現した方がいましたが、短い季節見る目を楽しませてくれます。

葉の間に白く見えるのは、スズランに似たベル形の花です。赤とのコントラストが絶妙で、やがて葉が落ちても、花姿は来春の芽吹き時まで残ります。

スズランノキは、スズランに似た花をつけることからきた俗名で、オキシデンドラム・アーボレウム(学名)が本来の名前です。和名は未だないようです。

     Img_4287

スズランノキの近くのアケビの実も割れて、果肉を見せています。ゼリー状の甘い果肉と黒くて丸い2~3mmの種が入っていて、昔の子どもにとっては山遊びした時の絶好のおやつに替わるものでした。

     Img_4339

ハーブスクエアからも望める後立山連峰の峰々は、すでに冠雪しています。

|

« 髪と地肌をすこやかに保つローズマリーのヘアケアシリーズ | トップページ | 安曇野に架かる橋(17)~オリンピック道路上の安曇野大橋 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/42145127

この記事へのトラックバック一覧です: 赤く染まったスズランノキと甘い果肉のアケビ:

« 髪と地肌をすこやかに保つローズマリーのヘアケアシリーズ | トップページ | 安曇野に架かる橋(17)~オリンピック道路上の安曇野大橋 »