« 安曇野に架かる橋(12)~安曇野の入り口にあたる梓橋 | トップページ | 安曇野に架かる橋(13)~壮観な8連アーチの田沢橋 »

その後、目にした安曇野の屋根瓦-7  生きものたち

明科中条にある医院の塀に3種の動物の飾り瓦があります。

     147

まず鶴です。

     140

鶴といえば、次に来るのは亀ですね。

     143

いかにものっそりのっそりと歩いている感じがでていますよね。

     146

そして鳩がいました。

     150_2

いずれもこれまで見てきたものとは違っていて、量産されたものではなさそうです。

     Photo

四賀会田宿(現松本市)にも鳩が対でいました。

     Img_1644

豊科吉野には、鶴と亀が一体となった瓦がありました。

          084

アンテナの支柱とコードに遮られていますが、紅葉の古木と子鹿が描かれた鬼瓦です。池田町渋田見で見ました。

子鹿は葉を食べているようです。魔除けや縁起物の装飾瓦は数多いのですが、このようなのどかで風流な絵柄は珍しいかもしれません。


* 鶴と亀鶴と松については、これまでにも記載しています。ご覧ください。   

|

« 安曇野に架かる橋(12)~安曇野の入り口にあたる梓橋 | トップページ | 安曇野に架かる橋(13)~壮観な8連アーチの田沢橋 »

道草しながら…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/41177402

この記事へのトラックバック一覧です: その後、目にした安曇野の屋根瓦-7  生きものたち:

« 安曇野に架かる橋(12)~安曇野の入り口にあたる梓橋 | トップページ | 安曇野に架かる橋(13)~壮観な8連アーチの田沢橋 »