« メディカルハーブ-17   スティンギング・ネトル | トップページ | 神翁さま~穂高・嵩下 »

連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(23)~川の流れ

安曇野が舞台のNHK朝のテレビ小説「おひさま」で放映された安曇野とその周辺の風景を紹介しているコーナーです。

* 掲載した写真で、左上に時刻表示の数字があるのは、テレビ画面を撮ったものです。


連続テレビ小説「おひさま」も、陽子が嫁いだ松本の丸山家(蕎麦屋・丸庵)になってから物語の舞台が安曇野から松本へ変わりました。

そして、終戦を迎え陽子を取り巻く状況は、夫・和成の帰還、妊娠、教師退職、出産、味噌醸造会社への再就職、退社と陽子の家業の手伝いと目まぐるしく移り変わりました。

     Img_2943

物語の舞台は松本を軸に動きましたが、陽子たちが実家を訪れるときは、安曇野を象徴する澄んだ川の流れが画面に映し出されていました。

     Img_2980_2

昭和25(1950)年の春、3歳になった日向子を連れて3世代家族揃って、陽子の実家のある安曇野へ小旅行。

     011

この場面、今年7月7、8日にソバの花咲く安曇野堀金でロケーションが行われました。

この時のロケーションの模様は、こちらで。

     Img_3010_2

かつて陽子が通いなれた水車小屋がある辻の前で道祖神に手を合わせ…

     Img_3011_2

持参したお弁当を和気あいあいと食べながら      

     Img_3013_2

みんなで将来の夢を語らい合いましたね。

     Img_3124_2

このロケ地の風景、すっかりおなじみになりました。ドラマの放映スタートが大震災の影響でずれ込みましたが放映まもなくして、ここを訪れる人が日に日に多くなりました。
五月の大型連休はもちろん、八月も多くの人たちが見物に来ました。

観光企画でもロケ地ツアーが組まれたりして、平日でも賑わっているようです。ロケセットは国営あづみの公園の敷地内にありますが、現在も同公園には平日でも2千人を超える来場者があるといいます。

     003

陽子たち家族は、お弁当を食べた後、小川の近くでひと休み。この場面は明科の御宝田遊水池の近くで収録されました。

     Img_3125

流れている小川は、犀川の支流になります。安曇野ロケでは、初めてお目見えした場所です。ここは後に陽子の初恋の人・川原と再会する場面にも登場します。

     Img_2590

家族はその後、万水川のほとりを歩き、たどり着いたのが…

     Img_3132

     094

後に陽子が住むようになる絵本に出てきたような洋館でした。このセットは御宝田わさび農場の敷地内に組まれていることは、以前ご紹介しましたね。

     Img_3135

番組で放映されるロケ収録は、今回が最後とのこと。安曇野の美しい自然や清澄な川の流れなどがたっぷり録画され、いろいろな場面の背景にでてきます。。

     Img_3129

主演の陽子役を演ずる井上真央さんは「緑がきれいで、風が気持ちいい。季節を通して信州で撮影できていることを嬉しく思います」と、安曇野の印象を語っていました。

     Img_2937

そうそう。陽子の幼友だちのタケオが結婚することになりましたね。隠しごとの嫌いなタケオは結婚相手のミツに、ずうっと陽子に恋心を抱いていたことを打ち明けました。いきなり、ミツに平手打ちを食らいましたが。

その時の場面も、この日収録されたものです。

|

« メディカルハーブ-17   スティンギング・ネトル | トップページ | 神翁さま~穂高・嵩下 »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/41361096

この記事へのトラックバック一覧です: 連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(23)~川の流れ:

« メディカルハーブ-17   スティンギング・ネトル | トップページ | 神翁さま~穂高・嵩下 »