« 池ノ戸池~明科・荻原 | トップページ | nano花隊のナタネ収穫が行われました »

連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(16)~炸裂した爆弾

安曇野が舞台のNHK朝のテレビ小説「おひさま」で放映された安曇野とその周辺の風景を紹介しているコーナーです。

* 掲載した写真で、左上に時刻表示の数字があるのは、テレビ画面を撮ったものです。


敗色濃い中で続く戦禍。昭和20年3月には東京大空襲があり、首都は壊滅的な被害を受けます。     

     Img_2038

「安曇野にもいつ敵機がやってくるのか分からないので、恐れることなく気を引きしめて過ごすように」と国民学校では児童に訓示します。

そして、米軍上陸、本土決戦に備え学校での竹槍教練や空襲に対する避難訓練も毎日のように組まれていた様子が映し出されていました。    

     Img_2118

昭和20年5月19日、陽子が勤務する有明山国民学校の上空に一機の爆撃機B-29が突然現れ、投弾します。空襲警報もでていない間隙を襲った“不意打ち”でした。

           Img_2123

爆弾は校舎から離れた南側1㌔㍍ほどの畑に落ち、炸裂します。突然の轟音と閃光、すさまじい爆風で授業中の教室の窓カ゛ラスが一挙に破れ破片が散乱しました。

児童も陽子もとっさのことでしたが、防空頭巾を被り机の下にもぐりこみ事なきを得ました。

           Img_2126

ドラマにはでてきませんでしたが、爆撃機は穂高の街中にも、5発の爆弾を落として立ち去ります。

           Img_2127

ドラマ「おひさま」は岡田恵和さんによるオリジナルフィクションですが、史実も織り交ぜながら脚本が構成されています。

実際にこの日、5月15日に穂高有明の国民学校近くの農地に爆弾12発が落とされ、爆風により畑作業をしていた二人が命を絶たれ、破片や爆風で重軽傷者多数がでています。

穂高市街地に落とされた爆弾では幸いにも死者は出ませんでしたが、負傷者多数と人家が大きな破損を受けています。

           Img_2128

犠牲者が出た爆弾投下の跡に、いま一本の杉の木と慰霊碑が建っています。碑には「昭和廿年五月十九日  遭難記念」と刻まれています。

           007

軍による報道統制が厳しかった時代ですから、爆撃を受けたことも死者がでたことも新聞やラジオで知らされませんでしたが、当時の安曇野では誰もが知っていて不安に強く怯えていたことが推察できます。

           009

戦局が悪化し、昭和19年、20年と日本の都市は連日、空襲警報が鳴り響きました。

第二次世界大戦中にアメリカは、日本列島攻撃専用に戦略爆撃機B-29を開発・製造しました。新型気鋭機B-29は日本本土の主要54都市に無差別爆撃を繰り返し、15,000回に及んだといいます。

穂高町でいえば、当時は地方都市でもない人家もまばらな片田舎の畑や街中に爆弾が落とされたのか、それは衝撃であったとともに長い間、解けなかった謎でもあったようです。

松本歩兵50連隊の穂高・有明演習場の兵士宿舎となった有明国民学校(下の写真=2枚上の写真の右手の高い建物に有明国民学校がありました)や、穂高国民学校があった街中が狙われたのではないかという説があったようです。(参照記事がこちらにあります)

          Img_2227

しかし、編隊を組んだ爆撃機の来襲ではなくB-29一機が飛んで来たということは、それぞれの国民学校を狙って投弾したというより、上空偵察に来た機がその任を終えて基地に戻る時、重量を軽減するために搭載してきた爆弾を落下させ、たまたま畑地と街中に墜ちたのではないかという見方が有力のようです。

この後、有明国民学校では校地内に防空壕を掘り、警戒警報発令のたびに児童を壕に退避させたということです。

記録では、戦中、長野県下で連合国側から爆撃を受けたのは、上田市(昭和19年12月9日)、穂高町と続き松本市(同20年3月2日)、降伏直前の8月13日には長野市が終日、艦載機に空襲されました。戦後発表された政府の資料では、空襲・爆撃による長野県内の民間人の死者は40人に及んでいます。

     Img_2146

この年の8月、アメリカはB-29に搭載した原爆を広島、長崎に落とし、多大な人々の命が無残にも奪われました。そして、15日になって日本はようやく連合国側のポツダム宣言を無条件で受け入れ降伏し、満州事変以来15年間にわたる長く続いた戦争を敗戦という形で終えました。

丸山家にも近隣の人たちが集まり、天皇の終戦の詔勅を全国民に放送で告げる「玉音放送」を聞く場面が映っていました。

* 有明国民学校の写真は「穂高町誌」から転用しました。

|

« 池ノ戸池~明科・荻原 | トップページ | nano花隊のナタネ収穫が行われました »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/40600795

この記事へのトラックバック一覧です: 連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(16)~炸裂した爆弾:

« 池ノ戸池~明科・荻原 | トップページ | nano花隊のナタネ収穫が行われました »