« 一面、菜の花の黄色で染まっています | トップページ | 連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(6)~松本城と旧制松本高校 »

安曇野はリンゴの花がほころび始めています

安曇野は今、リンゴの花が咲き誇る季節を迎えています。

リンゴも例年と比べ、一週間ほど遅れての開花です。

      005

リンゴの生産農家では昨秋の穫り入れ後、冬空の中で剪定、誘引、施肥などの作業を続けてきました。

そして本格的な春を迎えて、木々にたくさんの実になる花が咲き出したのです。遅霜が降りたりすると花や蕾を傷めてしまい痛手を被りますが、これまでのところ順調な生育ぶりを見せているようです。

           030     

赤い蕾が開くと、直径3㌢㍍ほどの白い小花が姿を現します。生産農家はこれから余分な花を摘み取る摘花の作業に追われます。

     022

花が散って小さな実をつけだすと、今度は摘果へと移ります。こうして蜜のたっぷりのった安曇野リンゴが秋に大きく実ります。

* 安曇野リンゴについては、こちらにも詳しく載せています。ご覧ください。



|

« 一面、菜の花の黄色で染まっています | トップページ | 連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(6)~松本城と旧制松本高校 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野はリンゴの花がほころび始めています:

« 一面、菜の花の黄色で染まっています | トップページ | 連ドラ「おひさま」にでてきた安曇野の風景(6)~松本城と旧制松本高校 »