« ウナギの鮮度とおいしさが実感できます~「美味しい魚とうなぎのお店 おおつき」 | トップページ | 安曇野の河川で渓流釣りが解禁されました »

安曇野の屋根瓦-19 鬼瓦(その4 家紋)

鬼瓦には、家紋を意匠したものがいろいろあります。

下は、「五枚笹」の竹笹家紋をさざ波が取り囲む豪華版です。

     2                           (穂高・新屋の民家)

こちらも豪華な雲水に囲まれるように、「丸に梶の葉」の家紋がデザインされています。梶の木は、楮(こうぞ)などと同じく和紙の原料として使われてきたそうです。

     196                           (豊科・新田の民家)

荒波が、梶の葉の紋章に押し寄せている意匠です。「根付き三本の梶」紋は、諏訪神社の神紋になります。ですから「諏訪梶の葉」とも呼ぶそうです。

          4_2                         (三郷・及木の伍社)

こちらも同じく「諏訪梶の葉」の紋章です。甲信越地方の豪族で、特に諏訪神社を信仰する人たちが用いたということです。

     186_2                           (三郷・及木の熊野社)

「丸に九枚笹」の竹笹紋の周りを、四個の菊花が装飾されています。菊花があしらわれると、一段と豪華さが増してくるようです。

     Photo_3                           (豊科・田沢の民家)

こちらは、「梅の花」紋の鬼瓦の上に狛犬が魔除けに置かれています。そして、後方の棟込にも紋章がはめ込まれています。

梅は、学問の神として知られる菅原道真を祀った天神様の紋章として知られています。 

     8                           (穂高・新屋の民家)

金箔の「庵に木瓜」の庵紋が輝いています。周りを波が囲んでいるのは、火事に遭った場合、怒涛の勢いで押し寄せる波が鎮火するという願望を表しています。

     14                           (穂高・柏原の民家)

これは、梟(ふくろう)をデザインしているのでしょうか。その胎内に「一つ楓」の楓紋が収まっています。さらにその前の鬼瓦部に「右三つ巴(ともえ)」の巴紋があります。

巴紋は神社に多用されていて、神社関係の人の家紋にもなっています。巴とは渦巻きのことで、火災予防のお呪いとして、民家の瓦や土蔵などでもよく見かけることがあります。 

     107_2                           (明科・荻原の和泉社)

穂高・矢原の土蔵の鬼瓦の上に、鳩がいました。土蔵の白壁が黒く塗られているのは、戦時中、敵機から標的にされないためにカムフラージュした名残りです。

     022    

厚い鳩胸を張って、遠くを見つめています。鳩の下に「丸に三つ追い柊(ひいらぎ)」の家紋が入っています。

     021

                                  

|

« ウナギの鮮度とおいしさが実感できます~「美味しい魚とうなぎのお店 おおつき」 | トップページ | 安曇野の河川で渓流釣りが解禁されました »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/36226060

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の屋根瓦-19 鬼瓦(その4 家紋):

« ウナギの鮮度とおいしさが実感できます~「美味しい魚とうなぎのお店 おおつき」 | トップページ | 安曇野の河川で渓流釣りが解禁されました »