« 「昭和」の匂いが漂うレトロな品々が展示されています | トップページ | 今夜から明日にかけ、安曇野は降雪が予報されています »

メディカルハーブ-6   セントジョーンズワート

セントジョーンズワート

昔から創傷を治癒する力があり、中でも夏至の日(聖ヨハネの日)に収穫するととりわけ質の良いものがとれると伝承されてきたハーブです。

近年になって科学的な考察が進み、その主要成分に抗うつ作用のあることが実証され、季節性感情障害、生理期・更年期あるいは産後などに起こる抑うつに活用されています。

     Photo_3

暗く落ち込んだ気持ちを明るくすることから「サンシャイン サプリメント」の別名があるほどで、医薬品の原材料にも活用されています。

           004

こうした薬効が大きく期待される半面、薬剤との併用に注意が必要です。特にインジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心剤)、シクロスポリン(免疫抑制剤)、デオフィリン(気管支拡張剤)、ワルファリン(血液凝固防止剤)、経口避妊薬などの製剤との併用は避けなければなりません。     

◆ 和名     セイヨウオトギリソウ

◆ 学名     Hypericum perforatum

◆ 主要成分  ジアンスロン類(ヒペリシン、ソイドヒペリシンなど)、フラボノイド配糖体(ルチン、クエルセチン)、タンニン、ハイバーフォリン、精油

◆ 作用     抗うつ、精神安定、消炎、鎮痛

|

« 「昭和」の匂いが漂うレトロな品々が展示されています | トップページ | 今夜から明日にかけ、安曇野は降雪が予報されています »

ハーブとハーブティーの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/38220363

この記事へのトラックバック一覧です: メディカルハーブ-6   セントジョーンズワート:

« 「昭和」の匂いが漂うレトロな品々が展示されています | トップページ | 今夜から明日にかけ、安曇野は降雪が予報されています »