« メディカルハーブ-2  エキナセア | トップページ | 冬支度の作業が終わりました »

安曇野の屋根瓦-12  鳩

穂高・北穂高の民家の屋根に鳩がいました。平和・平穏の象徴である鳩の瓦を据えているのは、家内安全や地域の平穏無事を願ってのことでしょうか。

     100     

こちらは、ややうつ向きかげんというか、うずくまっているような鳩がいました。物思いに耽っているのでしょうか。明科・北村の宗林寺・聖徳殿の屋根上です。

     2

明科・矢ノ沢の山間部にある氏子8戸の「山神社」にも、鳩瓦が一対ありました。山の神は、稲作・畑作の豊穣をもたらす神で、山中に宿り動物や樹木を支配するといわれます。

一般的には女神で、女性や奥さんのことを「山の神」ということ、ありますよね。ですから、子授け・安産・多産の神ともいわれます。

          Photo                 

戦時中、矢ノ沢地区から30人余りが徴兵されたそうですが、一人も戦死せずに帰還したということです。

そんなことを知って、胸をはって遠くに目をやる社(やしろ)の鳩を見ると、小さな集落の安寧・平和を見守ってきた鎮守の象徴にも見えます。

          Photo_2                  

上が豊科・下鳥羽の蕎麦店で、下が松本市梓川・両角の民家で見かけた鳩ですが、姉妹というより同じ鋳型に入れた同一の瓦のようです。

          008

実に温厚で、やさしく語りかけて来るような表情に見えませんか。

    231                       (穂高の民家)

                  

 



|

« メディカルハーブ-2  エキナセア | トップページ | 冬支度の作業が終わりました »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/36317816

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の屋根瓦-12  鳩:

« メディカルハーブ-2  エキナセア | トップページ | 冬支度の作業が終わりました »