« 小芹の目薬師さま~明科・小芹 | トップページ | 年末年始の営業について、ご案内いたします »

安曇野の屋根瓦-10  鯱(その1)

安曇野の飾り瓦で一番多く目にするのは、やはり鯱(しゃち)です。

     11                 (穂高・新屋の民家)

鯱といえば、まず頭に浮かぶのは名古屋城や大阪城の天守閣にそびえる鯱鉾(しゃちほこ)でしょうか。

どちらも鯱瓦に漆(うるし)を塗り、金箔を貼り付けてありますので、金色に輝いていますが、こちらは瓦そのもので、いぶし銀の落ち着いた色彩です。

     121                 (明科・北村の宗林寺)

建物が火災に遭ったとき、海水を一気に飲み干して、火に向けて噴きだして火を鎮めるという想像上の動物で、火除け守り神として大棟の両端に取り付けられます。

     050                  (堀金の民家)

ご覧になってお分かりのように、姿は魚で頭は虎、尾ひれは常に空を向いています。背中には、幾重もの鋭い刺を持っています。

     7_2                 (明科・宮本の犀宮社)

|

« 小芹の目薬師さま~明科・小芹 | トップページ | 年末年始の営業について、ご案内いたします »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/36190405

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の屋根瓦-10  鯱(その1):

« 小芹の目薬師さま~明科・小芹 | トップページ | 年末年始の営業について、ご案内いたします »