« 安曇野の屋根瓦-3  大黒天 | トップページ | ハーブスクエア周辺が色づき始めています »

白鳥の飛来が始まりました

安曇野で冬を過ごすコハクチョウやカモ類など、冬鳥の飛来が始まりました。冬鳥たちは、安曇野市内の3ヵ所で越冬するためにシベリアから4千キロの旅をしてやって来ますが、この18日に初飛来が確認されました。

     022

20日現在、御宝田遊水池に第一弾の6羽が到着、長旅の羽を休め水面を泳いでいます。
安曇野への飛来は27年前から続いていますが、今年は昨年より1日遅かったそうです。

     016

これまで2005年に最も多く飛来し2千羽を超えましたが、昨季は774羽でした。今後、次々と小集団での飛来が年内まで続き、例年1千羽前後のコハクチョウが来春まで安曇野で過ごします。

          

039

コハクチョウとともに、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、オオバン、キンクロハジロ、ヒドリガモなど数多くのカモたちの渡りも始まっています。こちらも小グループで、次々と飛来して来ています。

          

026

カモたちもコハクチョウと明年3月下旬まで、仲良く越冬します。

|

« 安曇野の屋根瓦-3  大黒天 | トップページ | ハーブスクエア周辺が色づき始めています »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/37325912

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の飛来が始まりました:

« 安曇野の屋根瓦-3  大黒天 | トップページ | ハーブスクエア周辺が色づき始めています »