« 安曇野を縦走した機関車 C56 | トップページ | 日本の原風景・安曇野を描いた油彩画展 »

今のハーブたちの表情

今年の異常ともいえる酷暑のなかでも元気に花をつけていたハーブガーデンの草花たちも、ここに来て夏の眠りについています。

     016

「いま咲いているガーデンのハーブと草花たち」と題してご案内してきましたが、ハーブの多くはすでに花の時季を終え、これから涼しくなってくると実を結実させたり種になってきます。

     002

樹木いっぱいにクリーム色の花を咲かせたエルダーツリーも、早くに開花したものは、実が熟し始めています。

     005

ダイヤーズカモミールも、頭状部が黒くなって種子化しています。

     008

七月のガーデンを彩ってくれたルドベキア、エキナセアは、まもなく花びらを落とし種をつける準備に入っています。

     006

 

     007

長い花穂にたくさんの花を咲かせていたウッドセージも、すでに種が熟し始めていて黒く小さな小粒の種にまもなくなってきます。

     014

夏から秋へ、季節の移ろいの中で変化していくハーブや草花たちの表情をこれから少しずつお伝えします。


|

« 安曇野を縦走した機関車 C56 | トップページ | 日本の原風景・安曇野を描いた油彩画展 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/35968223

この記事へのトラックバック一覧です: 今のハーブたちの表情:

« 安曇野を縦走した機関車 C56 | トップページ | 日本の原風景・安曇野を描いた油彩画展 »