« ソバの花とウツボグサ | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-11 »

日焼け、しみを改善するハーブティー

梅雨が明けると、強い日差しが降り注ぎ紫外線量が多くなる季節がきます。紫外線を過度に浴びると、肌が赤くなったり、痛みやかゆみ、水泡ができたりします。

さらにその後のケアを怠ったり、慢性的に紫外線を浴びると、一部の色素細胞がメラニン色素という悪玉の色素を生成するようになります。これが、しみ、しわ、たるみなどのトラブルにつながることになります。

     1

ですから、強い日差しを直接浴びた場合はもちろん、道路や土など地表に反射しても紫外線は浴びますので、長時間屋外にいた場合などは、肌の早めのケアが必要になります。

ブレンドハーブティー「美容-2 ひやけ」は、ダメージを受けた肌の炎症を抑えるとともに修復を促し、含有している色白成分・アルブミンの働きで元の素肌を取り戻せるブレンドになっています。

日焼け後のケアを継続することで、沈着しているメラニン色素は新陳代謝により垢(あか)となってはがれ落ち、日焼けによるシミやソバカスは徐々に薄くなり、やがて消えることになります。

なによりも、過度の紫外線を浴びないように予防するのが一番です。一般に午前10時から午後2時ころがもっとも日差しが強く、紫外線量も多くなります。また南の地域や標高の高いところ、海やプールでは水の反射により、身体に浴びる紫外線量は激増します。水の中でも紫外線は届きますので注意が必要です。

そして、屋外に長時間出る場合は、あらかじめ日焼け止めクリームなどを塗ってから外出するようにしましょう。(近く、お薦めの日焼け止めクリームをご紹介します。)



ブレンドハーブティー 「美容-2 ひやけ」  90g入り  1680円(税込)

* 「美容-2 ひやけ」は、通信販売でも取り扱っています。 

詳しくは、℡ 0263(83)7782へお問い合わせください。

|

« ソバの花とウツボグサ | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-11 »

ハーブとハーブティーの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソバの花とウツボグサ | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-11 »