« いま咲いているガーデンのハーブと草花-14 | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-15 »

安曇野の野花-2

シモツケが花開いています。初夏から夏にかけて、ピンクまたは白色の五弁の集合花を咲かせます。

和名のツモツケは、下野(しもつけ)の国=栃木県に産したことから、この名があるといいます。     

     2_3

オオバギボウシが淡い紫の入った花をつけています。長い総状花序で、花の先は6裂します。山地の草原などで、よく見かけることができます。

     Photo_4

ヤブランも、花茎を立ちあげました。山地の木陰に生えています。

やぶに生え、ランの葉に似ていることから、この名があります。ですから、葉は深緑色で光沢があります。

     033    

ヘビイチゴが鮮やかな赤い実をつけています。この実が食用にはならず、ヘビが食べるものとしてヘビイチゴの名がつけられたそうです。

田の畔や湿った草地に多くあります。

     083


|

« いま咲いているガーデンのハーブと草花-14 | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-15 »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/35808663

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の野花-2:

« いま咲いているガーデンのハーブと草花-14 | トップページ | いま咲いているガーデンのハーブと草花-15 »