« いま咲いているガーデンのハーブと草花-6 | トップページ | 安曇野が生んだ映画監督・熊井啓の足跡を知る本 »

いま咲いているガーデンのハーブと草花-7

エルダーの花も咲き始めています。花色は全体として白色ですが、クリーム色がかった小花が混じります。

マスカットに似た香りのする花は、料理に風味豊かな香味をつけたり、アルコール漬けにしてもいい香りが残ります。

            3

またエルダーフラワーは、フラボノイドを豊富に含みます。利尿、発汗作用のほか、抗炎症作用にすぐれていることから、ハーブスクエアでは風邪、花粉症、咽喉炎、関節炎などにティーとして用いています。

また日焼けした肌やひげそり後に、ローションとして使っても効果があります。

      4

前回、オールドカーネションのシナモンピンクを紹介しましたが、他のオールドカーネションも花咲き始めました。ローズドメイです。花色、花姿がシナモンピンクに似ていますが、ローズドメイは花弁の中央に赤っぽい斑が入ります。

     050_2

こちらはインチメリーといいます。白のなかに赤い斑が入ります。

     039_3

ヨーロッパに分布するレッドバレリアンです。標高2000㍍前後の明るい林下などによく見られるハーブです。

枝先に咲く濃紅花の小花は、芳香があります。熱い夏はいったん休眠しますが、涼しくなって夜温が下がるようになると、また開花します。

     5

黄色の筒状花を咲かせるエルサレムセージです。セージの名がありますが、セージ(サルビア属)とはまったく別属のフロミス属の種になります。

こうしたものは他にもいろいろあります。一例を挙げると、マウンテンミント、ダイヤーズカモミール、キャットミント、ロシアンセージなどです。

エルサレムセージは、株全体にシソ科特有のセージに似た芳香があることからこの名前がついたものと思われます。

     2_4







|

« いま咲いているガーデンのハーブと草花-6 | トップページ | 安曇野が生んだ映画監督・熊井啓の足跡を知る本 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/34955573

この記事へのトラックバック一覧です: いま咲いているガーデンのハーブと草花-7:

« いま咲いているガーデンのハーブと草花-6 | トップページ | 安曇野が生んだ映画監督・熊井啓の足跡を知る本 »