« 安曇野の水-5 満願寺の水 | トップページ | 安心して使えるアロマ虫よけ剤 »

いま咲いているガーデンのハーブと草花-9

あざやかな青花を楽しませてくれるドワーフデルフィニュウムです。

ドワーフとは、矮性=小型という意味ですが、長い花茎を伸ばして穂状にたくさんの花を咲かせるデルフィニュウムとは、かなり花姿も違ってきます。ポプリや切り花に使います。

     Photo

旺盛な繁殖力をもつトードフラックス(リナリア・パープレア)です。環境が合えば、非常に丈夫で育てやすく、観賞用として歌壇に植え込む場合は適度に間引きしていきます。

     5_2

トードフラックスのピンク花です。白花もあります。

     3   

可憐な花のムスクマロウです。高さは30~60㌢㍍くらいになります。

葉がかすかにジャコウの香りを持つことからこの名があります。和名はジャコウアオイです。

     Photo_3

コモンセージの一種のレッドセージです。更新して新葉がつくられるときに、葉の色が赤紫色になることからパープルセージともいいます。

このセージは、短日性植物ですので、花を見るには日照時間が短い場所に植え込みます。また、暖地では花をつけにくい傾向があります。

     4

地際からよく分枝し、美しい花を花頂に咲かせるペンステモンです。

北米からメキシコにかけてが原産地ですので、高温多湿が苦手です。乾燥した日なたから半日陰で元気に花をつけます。

     2_3



|

« 安曇野の水-5 満願寺の水 | トップページ | 安心して使えるアロマ虫よけ剤 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/35335728

この記事へのトラックバック一覧です: いま咲いているガーデンのハーブと草花-9:

« 安曇野の水-5 満願寺の水 | トップページ | 安心して使えるアロマ虫よけ剤 »