« 蝶の雪形 | トップページ | ソバの花とウツボグサ »

いま咲いているガーデンのハーブと草花-10

ダイヤーズカモミールが開花始めました。丈夫でこれから初秋のころまで、次々と花を咲かせます。夏の歌壇を引き立てる素材の一種といえます。

ダイヤーズとは「染物職人」と訳せばいいのでしょうか。花は切り花のほか、主に染料として利用されます。

     013

まばらな形で穂状花序をなして咲くウッドベトニーです。花色は薄紅色もあります。花やしわのある楕円形の葉は、神経と血行の強壮薬として用いられます。

     031

和名で白蝶草の名をもつガウラです。初夏から秋遅くまで、次々と蝶の形をした白花を細い枝先につけます。

最近は、花色もピンクや濃紅色の改良種も見られるようになりました。丈夫な宿根草です。

     014

ロックローズも開花の時期を迎えました。耐寒性のある低木で、やさしげな花を咲かせますので、心なごむ花ではないでしょうか。

     007

各種のバラ類も芳香を放ちながら、ガーデンのなかで咲き競っています。まず、ワイルドローズで、刺がない改良種です。

これだけの花が咲きますので、秋には鈴なりの実をつけます。アレンジメントの材料に利用するのですが、この実は乾燥しても不思議としわがよりません。使い勝手がとてもよく、重宝します。

     1

そのほか、クックテールなど芳香種のバラをガーデンのアクセントとして植えています。

     017

     019

澄んだ青色花のアンチューサ・ブルシャワーです。初夏から秋にかけて花をつけ長い期間、楽しめます。葉も大型葉でなく、やわらかく、鉢植え、ボーダー歌壇のどちらにも適します。草丈は50㌢㍍前後です。

あまり混みすぎると蒸れがきますので、切り戻しをします。

     020


|

« 蝶の雪形 | トップページ | ソバの花とウツボグサ »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/35409006

この記事へのトラックバック一覧です: いま咲いているガーデンのハーブと草花-10:

« 蝶の雪形 | トップページ | ソバの花とウツボグサ »