« なかなか見れないハンカチノキが花盛りです | トップページ | 安曇野への空の旅 »

ハーブたちも開花期を迎えました

陽光に誘われてガーデンのハーブや草花たちも次々と花を咲かせています。

ジャーマンカモミールは甘い香りとともに毎日元気な顔をのぞかせています。

     4_2

クリムソンクローバーも一気に花茎を伸ばし、赤く染めています。

     10


     8_2

ゲラニウム・サンギネウム(アケボノフウロ)の赤紫花、白花とも咲きだしました。

     2_2

ゲラニウムはゲンノショウコの仲間で、日なたから半日陰で育ちコンパクトな草姿にまとまり庭花としても扱いやすいですね。

     3_2

シーキャンピオンも例年より早く咲きだしています。釣鐘状の花がかわいいのですが、花が終わるとたくさんの種子を袋の中につけます。

     1_2

種がこぼれると結構繁殖力が強いので、あまり増やしたくないときは種が熟さない前に花茎を取り除く作業に追われます。

     2_3

ミツバチやチョウを集めるクリーピングタイムも、ピンク色の頭花をつけています。

地面をはってマット状に広がるクリーピングタイムは、木立性のコモンタイムと同じように香味料やハーブティーとして広く利用します。

     021


|

« なかなか見れないハンカチノキが花盛りです | トップページ | 安曇野への空の旅 »

ハーブガーデンと安曇野の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/34833737

この記事へのトラックバック一覧です: ハーブたちも開花期を迎えました:

« なかなか見れないハンカチノキが花盛りです | トップページ | 安曇野への空の旅 »