« 安曇野の水-1 湧水公園のモニュメント | トップページ | 肌や髪をいたわってくれる粘土「モンモリロナイト」 »

安曇野の水-2 「安曇野の里」の水

長野道・豊科インターを降りて穂高方面へ向かうと、右手にガラス工房や田淵行雄記念館があります。そこに隣接してショップやレストランなどがあり、奥手には日帰り入浴できる温泉と宿泊施設があります。これらの複合した施設を「安曇野の里」と呼んでいます。

その一角に「名水百選」と刻んだ石碑から水が流れています。水温は年間を通して、水のおいしさが実感できる13度くらいに保たれています。

旅の帰りに汲んでいく人たちも多いのですが、流出口も2個所あるので長く待たなくても汲めるようです。

            Photo_6

水汲み場の左手に水車小屋が見えます。小川が流れていて野鳥たちが水浴びに来て、さえずりあっています。ときにはカルガモが水面を泳いでいる姿に出会うこともあります。

近くには蛍の生息地もあり、初夏のころにはホタルかりもできる場所です。

     Photo_5

この水車は、田淵行雄記念館の入り口の近くにあります。田淵行雄さんは、著名な山岳写真家で高山蝶の研究でも業績を残しました。記念館には故人の業績の数々を展示しています。

     Photo_7

     Photo

上の写真は、先日まで咲いていた記念館前の「百楽桜」と前庭の水地に咲くリュウキンカです。同館についての詳しくはこちらで。→ http://azumino-artline.net/tabuchi/

|

« 安曇野の水-1 湧水公園のモニュメント | トップページ | 肌や髪をいたわってくれる粘土「モンモリロナイト」 »

安曇野のいま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1285445/34106452

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の水-2 「安曇野の里」の水:

« 安曇野の水-1 湧水公園のモニュメント | トップページ | 肌や髪をいたわってくれる粘土「モンモリロナイト」 »